Profile

See below for the English and the Chinese version

Photo by MAO Yamamoto

鵜澤光(うざわひかる)

観世流シテ方能楽師。1979年生まれ。演能団体銕仙会所属。1982年に仕舞「老松」で初舞台。1992年に能「猩々」で初シテ。東京芸術大学邦楽科能楽専攻卒業。祖父 故鵜澤雅、母 鵜澤久、九世観世銕之丞に師事。独立後「石橋」「乱」「道成寺」他多くの舞台を務める。銕仙会を中心に活動し、海外公演にも多数参加(アメリカ、カナダ、ノルウェー、ポーランド、オーストラリア、ブラジル、中国)一般、学校での講演、ワークショップなども積極的に手掛けるほか、趣味として能楽を学ぶ一般への稽古も行っている。

2015年11月に中国南京にて催された「朱鷺芸術祭」に於いて佐藤信氏演出の「駅」に出演。中国の伝統演劇である昆劇の役者と共演した。2016年12月から2017年1月にかけてはJCDNのレジデンスクリエーションに参加。川口智子氏演出の「戀歌鳥」に出演した。2017年2月にはトーキョーワンダーサイトのプロジェクトに参加。Cheuk Cheung氏演出の「彼と私」に出演。2018年4月には香港にてSteve Nerve氏、Cheuk Cheung氏演出の「肖像曲」に出演。

川崎市文化財団主催の夏休み能楽体験鑑賞教室講師。
2015年より洗足学園音楽大学非常勤講師。同大学音楽教育コースにて能楽を指導。
2017年より立教大学非常勤講師。

教育芸術社刊行の教科書「中学生の音楽2.3下巻」能楽実技指導DVDに出演。

2018年淡交社より刊行の「僕らの能狂言」にインタビュー掲載



Hikaru Uzawa is a member of the Tessenkai branch of the Kanze School of Noh Theater. She has trained under such masters of the Kanze School as her own mother- Hisa Uzawa, her own grandfather- the late Masashi Uzawa, and Kanze Tetsunojō IX.

Born in 1979. At the age of three, Hikaru Uzawa made her first stage appearance in the Noh play "Oimatsu" , and since then she has continued to promote the tradition as one of the handful of female Noh actors.

She has been involved in numerous Noh performances including “Shakkyo” “Midare” “Dōjōji” not only inside but overseas, including USA, Canada, Norway, Australia, Poland, and Brazil.

She also organizes events combining Noh with contemporary theaters and dances, as well as other traditional performing arts from around the world including "The Station" directed by Makoto Sato at Toki Arts Festival in Nanjing(2015), "戀歌鳥 (Love Song Bird)" directed by Tomoco Kawaguchi at HongKong(2017), "彼と私(He and I)" directed by Cheuk Cheung in Tokyo Wonder Site(2017), “肖像曲(Songs of Portrait)” directed by Steve Nerve and Cheuk Cheung in HongKong( 2018).

Hikaru Uzawa graduated from Tokyo University of Arts and Music majoring the Noh Theater. She teaches Noh Theater in Senzoku University of Music and Rikkyo University.


鵜澤光:

 

观世派铁仙会的能剧表演艺术家。1979年生人。1982年以《老松》一舞首次登台。1992年以能剧《猩猩》首次出任主演。毕业于东京艺术大学邦乐科能乐专业。师从其母,鵜澤久,其祖父,鵜澤雅,及第九代观世铁之丞。

 

代表作为《石桥》《乱》《道成寺》等。除铁仙会的常规演出以外,多次受邀出访海外,包括美国,加拿大,挪威,澳大利亚,波兰,巴西等国,并为普及能乐,多次参与学校演讲,工作坊,及其他宣传活动。

 

2015年11月于中国南京参与“朱鹭艺术节”,与中国昆曲表演艺术家合作,并出演由佐藤信导演的《站》。2016年12月至2017年1 月于香港参与JCDN(Japan Coontemporary Dance Network 日本现代舞协会)的交换项目,并演出由川口智子导演的《恋鳥歌 Luen Nui Goh》。2017年2月参加Tokyo Wonder Site(“东京漫游地”)项目并演出由 卓翔(Cheuk Cheung)导演的《彼と私 He and I》。2018年4月于香港演出由 Nerve, 卓翔(Cheuk Cheung)导演的《肖像曲 Songs of Portrait》。

 

“夏季能乐体验教室”(川崎市文化基金会主办)讲师。

2015年起担任洗足学园音乐大学兼课讲师,进行能乐指导。

2017年起担任立教大学兼课讲师。

出演《中学生的音乐2.3下卷》(教育艺术社发行)的录制。

2018年接受淡交社访谈,访谈发表于《我的能狂言》。